実は、飛蚊症対策に食べ物が大事?!おすすめの食べ物や選び方を伝授

実は、飛蚊症対策に食べ物が大事?!おすすめの食べ物や選び方を伝授

飛蚊症は特別に治療をしないで経過観察になりやすいですが、何とかしたいと思っている人も多いはずです。飛蚊症を少しでも改善するためには、「栄養バランス」を気を付けることが重要です。

 

今回は、飛蚊症対策に役立つ、おすすめの食べ物について詳しくまとめてみました。

 

食べ物が飛蚊症に与える影響って?

実は、飛蚊症の発症に大きな影響を及ぼしているとされているのが「活性酸素」の存在です。

 

活性酸素は、細胞や血管を傷つけたり、体内の酸化を招き、老化を促進させる「悪しき存在」として近年は注目をされています。活性酸素によって体内の老化が進むと、飛蚊症にもなりやすくなってしまうため、飛蚊症を予防するためには、「活性酸素を抑制すること」がポイントになってきます。

 

そして、活性酸素を抑制するためには、「抗酸化作用」のある食品を摂取することが有効とされています。抗酸化作用を含む食品を定期的に摂取して、体内の活性酸素を抑制することによって、飛蚊症のリスクも軽減することが期待できるのです。

 

食事で対策・改善|飛蚊症に良い食べ物って何?!

飛蚊症の8割が、老化によって引き起こされる「生理的な原因」です。そのため、老化予防の効果のある食べ物を摂取することが飛蚊症対策では重要です。

 

活性酸素を抑える成分とその成分を含んだ食品

〜ビタミンA〜
「レバー」や「かぼちゃ」が代表的。網膜の保護やドライアイ対策にも◎

 

〜ビタミンC〜
「レモン」「アセロラ」「オレンジ」などの野菜や果物に含まれていることが多い。水晶体の酸化防止に効果的。

 

〜ビタミンE〜
「アーモンド」や「植物オイル」など色々な食品に含まれている。目の血行促進効果があるため、疲れ目や老眼に有効。

 

〜βカロテン〜
「にんじん」や「小松菜」などの緑黄色野菜に多い。黄斑変性の予防に効果的。

 

〜ルテイン〜
「ほうれん草」や「ケール」が有名。加齢が原因で発症する目の病気の進行防止に役立つ。

 

〜ゼアキサンチン〜
「パプリカ」や「とうもろこし」などの黄色い食べ物に含まれているのが特徴。黄斑変性症や白内障の予防に効果がある。

 

〜アントシアニン〜
「ブルーベリー」や「カシス」などのベリー類に多いのが特徴。目の中の神経や細胞を保護する機能がある。

 

抗酸化効果の高い成分とその成分を含んだ食品

〜紫色の食べ物に多い?|ポリフェノール〜
ポリフェノールは「ぶどう」「なす」「赤ワイン」など、紫色の食品に多く含まれています。

 

ポリフェノールの抗酸化作用は非常に強く、体内の酸化を塞ぎ、アンチエイジング効果を発揮します。そのため、加齢による飛蚊症の予防にもつながるのです。

 

ポリフェノールは、1日に1,000〜1,500mg以上を摂取すると予防効果が期待できると言われています。

 

体を酸化させてしまう|飛蚊症に良くない食べ物って何?!

 

添加物の多い食品

「保存料」や「着色料」などの添加物は、「活性酸素の発生源」となるため、極力摂取をしないようにするのが重要です。

 

体内で活性酸素が増え続けると、それだけ飛蚊症のリスクも高まります。お菓子やケーキなどには、添加物が含まれていることが多いので、お菓子の食べ過ぎには注意が必要です。

 

酸化した食品

活性酸素を招く酸化した食品には、「賞味期限が切れている食べ物」や「古い油」が挙げられます。

 

酸化した食品を摂取することによって、体内の老化が進み、飛蚊症も発症しやすくなります。鮮度の良い食品や、新しい油を出来るだけ使用するように気を付けましょう。

 

高脂肪食品

「バター」や「肉の脂身」などの高脂肪食品は肥満になりやすく、「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」を発症しやすい傾向があります。飛蚊症は、「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」といった病気と共に発症するケースも多いため、肥満予防が飛蚊症の予防にもつながります。

 

汚染物質や農薬が残っている食べ物

汚染物質や農薬が残っている食べ物は、酸化している可能性があり、体内で活性酸素を増やす原因になる可能性があります。

 

そのため、生鮮食品を選ぶ時には、鮮度の他にも、無農薬など安全な方法で栽培された食品であるか、チェックをしましょう。

 

食べ物を選ぶ際に気を付けたいことは?

 

無農薬の野菜や穀物を選ぶ

無農薬や鮮度の良い野菜や穀物を選ぶことが、飛蚊症の予防にも効果的です。

 

新鮮な野菜や穀物には、抗酸化作用のある成分が多く含まれているため、体内の活性酸素の抑制に効果を発揮します。飛蚊症の予防では、できるだけ酸化食品を摂取しないように心がけましょう。

 

サプリメントで栄養を補給する

飛蚊症の発症に大きな影響を及ぼす「活性酸素」。その活性酸素を抑制する効果がある食品は、一般的に「野菜」や「果物」に含まれていることが多いです。

 

でも、飛蚊症の予防をしたくても、「野菜」や「果物」が苦手だと、毎日摂取するのが難しくなってしまいます。そのため、野菜や果物が苦手な人は、「サプリメント」からの摂取がおすすめです。

 

飛蚊症に予防効果を発揮するためには、毎日一定の摂取量が必要になります。サプリメントであれば、野菜嫌いな人でも、楽々1日の必要摂取量をクリアできて便利です。

 

長期的に飛蚊症の予防対策をする場合には、サプリメントの方がおすすめです。

 

まとめ

飛蚊症の予防には、「抗酸化作用のある食品」の摂取が有効だとわかりました。抗酸化作用のある食品を摂取することによって、老化による飛蚊症のリスクを軽減することが期待できそうです。

 

特に野菜が苦手な人や、食生活が乱れている人は、サプリメントを利用すると、効率的に飛蚊症の予防が行えるのでおすすめです。

 

飛蚊症の治し方へ戻る!